JALプレミアムエコノミー搭乗記(成田→シドニー 2014.5.24)

2014/5/24 JALプレミアムエコノミークラス搭乗記(成田→シドニー)です。

長旅の最後はJALプレミアムエコノミー。
JALのプレエコははじめての搭乗になります。

チェックインはプレエコ専用カウンターで。
時間が夕方6時頃で、一通り北米欧州線が出発したあとのせいか、カウンター付近はガラガラ。
チェックイン後、JALのさくらラウンジへ。
JALのプレエコはラウンジが使えるのでいいですね。
カンタスだとだめなんです。。。初入場。Cimg0892

中に入った後、いったん階下に降ります。
するとひろーいラウンジが。
飲み物、ちょっとしたつまみはこのフロアでいただきます。Cimg0895

食事はこの階段を上がって上の階へ。
なんかすごい作り。
こんなに豪華だから経営破たんしちゃったの?なんて勘ぐってみたり。
(最近改装されたんだったらごめんなさい)
Cimg0896

お食事フロアもなかなか充実。
おなかがすいていたのでカレーをいただきました。美味美味。Cimg0894

Cimg0893_2

時間になって、搭乗案内があったので、搭乗口へ。
今日お世話になる搭乗機、ボーイング777-200ERCimg0897_2

搭乗して着席。
やっぱりエコノミーよりは広くて快適。
夜行便だからなのか、低反発枕がありました。
なかなか快適だけど、ちょっと大きいかな。Cimg0899

アメニティは、、、やっぱり必要なものを取るパターン。
簡単なケースに入っているといいんだけど、、、コストダウン?
成田行きのビジネスクラスでも同じだったから、プレエコならなおさらか。

オーストラリアの入国申請書と、Express Pathをもらいます。
これが後で威力発揮!

離陸後の食事。
まずはおつまみで一杯。
スパークリングワインをいただきました。Cimg0901

続いてメインのお食事。メニューはエコノミーと共通です。
J級欲張り餡掛けチャーハンと和風焼きそば、ビーフパストラミ、チキンと人参のマリネ、マカロニサラダ、穴子竜田揚げ、彩り野菜のマリネ柚子風味、フレッシュサラダ、フルーツ、ハーゲンダッツアイスクリーム、コーヒー
シドニー→成田のビジネスクラスよりもしっかりしている感じが…
Cimg0902_3

食事をしたら即消灯。
疲れていたせいもあって4時間ぐっすり寝ました。

こちらが朝食。
玉葱のクリームスープ、コールスローサラダ、ヨーグルト、アボガドチーズパン、コーヒー、
これに、プレエコ限定のJALオリジナルとろなまドーナツがついていました。
朝からドーナツ…
Cimg0903

そして、あっという間にシドニー到着。
今回はエンターテイメントもあまり楽しみませんでした。。。寝てばかり。

到着後、入国審査に向かって唖然…長蛇の列。
シドニー空港の早朝は、各国からの深夜便が一気に到着するので、ものすごい混雑になります。
南半球だから、どうしても北半球からの距離が遠く時間がかかる分、どの国からも夜行便になるのでしょう。

ここで、例のExpress Pathが威力を発揮。
Express Pathのレーンはビジネス、プレエコ専用なので非常にスムーズ。
エコノミーのレーンは1時間待ちは免れない混雑だったので助かりました。
この後、メルボルンまでの乗継があったので、、、なおさら。

入国審査後、荷物をピックアップしてから、税関検査の入り口に並びますが、ここでもExpress Pathレーンを使用。
なので、入国審査が済んだからといってExpress Pathを捨ててはいけません。
税関に向かって右側がExpress Pathです。
天井付近にサインが出ているので要確認。

超混雑の入国審査、税関をあっさりと潜り抜けて無事乗継ができました。

ところで、今回、JALのプレエコに初めて搭乗しましたが、カンタスと比較してみると…
1)JALはラウンジが使える(カンタスはNG)
2)ご飯は…種類はJALだけど、カンタスはプレエコ専用。ワインもついでくれる
3)シートは…JALはシェルシート、、、前席の背もたれ倒れません。カンタスは横幅ゆったりかな。
4)サービス…まあ似たり寄ったり。
5)機体は…JALは777、カンタスは747。圧倒的にJALが静か。
6)お値段…オーストラリア発の比較になりますが、冬期間は似たり寄ったり、年末年始、夏期(11~2月)はカンタスが安い。
あとはマイルをどの航空会社でためるか、JALならFLY ON POINTもがっちり付きます。
お好みになりますが、、、私は今JALのFLY ON POINTを貯めているので、次回もJALです。
今年はあと2往復はお世話になりそうです。

コメント