JALアイランドホッピングツアー(4) 屋久島一湊海水浴場

JAC3741にて無事屋久島に到着。次のフライトJAC3672便まで3時間20分の乗り継ぎ時間を利用して、プチ屋久島観光に出かけます。


■タイムズカーシェアを利用

乗り継ぎ時間は3時間20分。これだけの時間があれば車を借りてそれなりの観光はできそうですが、車の手続き、あるいは搭乗手続きなどの時間を考えれば、観光できる時間は約2時間半程度とみておくのがよさそうです。

そこで利用したのが「カーシェア」。レンタカーとは異なり、15分単位のガソリン代込みでの時間貸し課金制度なので短時間利用には便利です。タイムズカーシェアの会員なので屋久島空港発着で事前予約。

JC3741便で到着すると、到着口には何社かのレンタカー会社の方が名前入りのボードを持って待機。でも、タイムズの人がいない…。

別なレンタカー会社の女性に、タイムズの人がいないか伺ったら親切に事務所まで電話してくれて、確認、ほどなく送迎の車でピックアップしてもらいました。が、後から考えてみると、カーシェアに送迎はないんですよね。事前に事務所に連絡を取って送迎をお願いしておくべきだったと反省。

この女性の方、送迎車を待つ間、数時間で行ける観光案内もしていただけるなどとても親切。私が行こうとしていた方向と案内が一致していたので、不安なく出発できました。

なお、各レンタカー会社ではコロナ禍で相当の減車(ナンバー登録を抹消して車体のみ保管)をしている中、GoToで急に需要が伸びて、車が不足している状況にあるそうです。屋久島でレンタカー利用の場合は早めの予約が必須ですね。


■一湊海水浴場

画になる海の写真が撮りたいなぁと思って訪れたのが、屋久島空港から車で20分ほどのところにある一湊(いっそう)海水浴場。


透明度の高いエメラルドグリーンの海を見ることができます。

⇊ すべてクリックで拡大


岩場から見ると透明度の高さとエメラルドグリーンの海を更に実感。


エメラルドグリーンの海と言えば、2018年に訪れたクック諸島の「アイツタキ」を思い出します。ここは日本、あのトロピカルの雰囲気とは大違いですが、透明度は負けてはいません。


■西郷隆盛上陸の地

一湊海水浴場のそばにあるのが、1862年、西郷隆盛が2回目の島流しにあった際に上陸した地であることを示す石碑。


へぇーって感じではあるのですが…


■布引の滝

屋久島は滝が多いことでも知られています。一湊海水浴場のそばにも「布引の滝」という滝があったので、訪れてみることにします。

滝の入口は公園になっています。写真右手奥に滝が見えますね。


車を止めて山を少し上がると滝が見えてきます。まずは少し高いところから。


1972年の国体を記念して、それまで「たーき」と呼ばれていた滝に「布引の滝」という素晴らしい名前がついたのだとか。


この滝を見て時刻はすでに11時半過ぎ。少し写真撮影に夢中になりすぎてしまいました。この後は車を返却、空港で福岡行きのフライトのチェックインです。


■初めての屋久島

今回、わずかな時間でしたが屋久島を実際に車で走ってみて、島の雰囲気はクック諸島の「ラロトンガ島」によく似ています。

島の真ん中に高い山がそびえ、海岸線に1周道路が走っていて、そこを人々が行き交う姿はラロトンガ島そっくり。

一方で、訪れてみたい場所はたくさんあり、自然が好きな人なら魅力的な島。次回は1週間くらいじっくり滞在して、いろいろなアクティビティを楽しんでみたいところです。


↓ランキングに参加しています。
 ポチっと押して応援、お願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ

コメント