エコバッグ

オーストラリアでも、スーパーなどで日本のようにエコバッグを使っている人をよく見かけます。最近、日本のスーパーではプラスチックバッグは有料のところが多いようですが、オーストラリアでは、ほとんど無料。それでも環境意識が高いせいなのか、エコバッグ、結構利用されています。

ただ、日本のエコバッグと違うのは、その使い勝手。
マチが広く、かつ深く作られていて、かつ底が平らなので多くのものが入れやすく、使いやすい構造になっています。

その中でも人気なのが、このウールワースというスーパーのエコバッグ。
インド製で、ジュート(麻)でできており、非常に丈夫です。
Img_1167

日本でも並行輸入品として販売されているようですが、びっくりなのがその値段。1枚なんと2000円超え。こちらで買うと約250円です。

また、日本のエコバッグと違って、海外のエコバッグはファッション性があり、アメリカのトレーダージョーンズのエコバッグはニューヨークのセレブ御用達と言われるほどのデザインだとか。

このウールワースのエコバッグ、オーストラリアで使えばすぐにウールワースのものだとわかりますが、日本で使えば、見慣れないデザインでちょっとおしゃれかもしれません。

ただ、どれもこれもがこのようなデザインをしているわけではなく…
こちらは、日本からの貨物を扱う運送会社さんのもの。不織布でできているのですが、このタイプがごく一般的なエコバッグです。マチの広さ、深さ、底の形がよくわかります。
Img_1168

オーストラリアのお土産、となると結構困る人がいらっしゃるようなのですが、このエコバッグ、オーストラリアのお土産として、案外いい一品かと思います。
ちなみにこちらでは、エコバッグのことをグリーンバッグと言ったりしています。

コメント

  1. maimama より:

    エコバッグ・・現在、N.Yのホールズマーケットで購入したものが
    マチが広くて、大容量が入り、コンパクトにたためるので愛用しております。
    ですが、素材が不織布なので少々へたってきてしまいました。
    そろそろ、買い替え時・・・
    2月に行くメルボルンでウールワースのエコバッグ、買ってもいいかも・・
    (ちなみに、私も、シンガポール経由です。JALのカンタスコードシェア便です)

    エコバッグ・・グリーンバッグっていうのですね・・・メモメモ。

    以前、ロンドンでバンドエイドを購入したかったのですが、名前がわからず
    困った経験があります。身振り手振りで奮闘しプラスターという名前である事を
    知りました。

    ところで、今でも、わからないことが・・・恥をしのんでお尋ねします。
    メルボルンでは普通のブラックコーヒー(砂糖、ミルクなし・・・)をなんというのでしょう?
    以前、コーヒー(コピ?って聞き返されましたけど)、ワン、プリーズとオーダーしたら、すでに、砂糖、ミルク入りでエ~~~!!っと思った事があります。それも、異様に甘い!!甘すぎる!!

    他にも、砂糖なしのカフェオレはなんて言って買うのでしょうか?
    そして、アイスのブラックコーヒーはなんて?

    ホテルの朝食では、普通のブラックコーヒーが飲めるのに、街中のコーヒーショップ
    では、まともにコーヒーが買えませんでした(恥ずかしながら・・・)

    そして、コーヒーショップで名前をきかれたのもこの時が初めてでした。
    これは、他の国でも経験したので、今ではわかりますが・・・

    実は、パリでも同じような経験があり、コーヒーをオーダーすると何故か少量のエスプレッソ。普通のブラックコーヒーが欲しいのに通じませんでした。(単に私の語学力不足?)幸い、カフェオレは通じました(ノンシュガーも通じました)ので良かったんですけど。

    オーストラリアのコーヒー事情を、お教え下さい。お願いします。

  2. ぱぴるす より:

    maimamaさん、こんにちは。

    コーヒーについての質問、私もコーヒー好き、せっかくなので記事にさせていただきましたのでご覧ください。それを踏まえて質問の回答は次のようになります。

    1)日本のブラックコーヒーは「ロングブラック」と頼めばOKです。
    2)日本のカフェオレに一番近いのは「ラテ」になると思います。
    3)日本のアイスコーヒーに相当するのは…ないです。アイスコーヒーと頼むとアイスクリームとホイップクリームが入った冷たいコーヒーが出てきます(友人曰く、極甘だとのこと)。どうしても日本と同じものが欲しいときは、Iced coffee without ice cream and whipped cream, pleaseって言えば出てくるかもしれません(やったことないです)。

    エスプレッソの文化なので、日本よりも味が濃いです。また砂糖について、普通はsugarをどうするか聞いてきますが、聞いてこないときはNo sugarと注文の時に言うと間違いないと思います。

    次回メルボルンでぜひいろいろ試してみてください。