ANA国内線プレミアムクラス搭乗記(札幌・新千歳→羽田 2014.8.27)

2014年8月27日 札幌新千歳→羽田NH56便のプレミアムクラスに搭乗しました。プレミアムクラスは久しぶりです。

まずはお世話になる機体フォト。ボーイング777-300です。

Image6

座席は事前予約した1A。
シートは革張りのタイプで、リニューアルしたやつですね。これ、初めて座りました。
写真を、、、と思ったのですが、なにせ混雑していて写真どころじゃなかったです。
というのも、優先搭乗で搭乗する人多すぎ。50人以上はいたんじゃない?そんなわけで後ろからせかされるは何だでとても写真どころはなかったです。

座ってみて、、、地上TAXING中は、なんかいまいちの座り心地。ちょっとシートが硬めですね。個人的には旧シートのモケット地が好きだったのですが…

離陸してシートベルトサインが消えたら昼食サービス。この便は10:30の出発ですが、昼食サービスがある便です。

久しぶりのGOZENのメニューは、オープンサンド(ソフトパン、スモークサーモン、ボイルエッグ、オニオン、セルフィーユ)、明太子ポテトサンド、マカロニサラダ(マカロニサラダ、ホワイトアスパラ、グリーンアスパラ、ミニトマト、リーフ)、フルーツ(オレンジ、キウイ、リンゴ)、イタリアン野菜のコンソメスープ

Image7
イタリアン野菜のコンソメースープが非常においしかったです。一昨日に札幌に行く際に有料のスープを期待して裏切られたので、なおのことおいしかった。

あとは珈琲をいただきました。ANAのプレミアムクラスで珈琲をいただくと、「いわてまり」という岩手県産のクッキーが付け合せにいただけるのですが、これがおいしい。
以前はインターネットでも何とか買えたのですが、最近は非常に入手困難だという話も。
妻が大好きということもあって、ちょっとお願いして自宅用にいくつか詰めていただきました。これ、プレミアムクラスに搭乗した時は毎回お願いしてしまうのですが、いつも快諾していただき、感謝しています。

あとは着陸態勢に入るまでのんびり昼寝。シートがちょっと硬かったですが、ゆったりと過ごすことができました。

札幌→那覇みたいな長距離路線で威力発揮のプレミアムクラスですね。けど、札幌⇔那覇間になぜかプレミアムクラスの設定はないんです。。。残念。

そうそう、今回の搭乗のチーフパーサーさんの機内アナウンスが非常に上手でした。マニュアル棒読みではなくて、季節の話題も織り込まれてて、感じが良かったです。ベテランのチーフパーサーさんでしたが、毎回、こんな機内アナウンスだと気持ちがいいな、と感じました。

コメント