ANA国内線プレミアムクラス搭乗記(羽田→伊丹 2015.6.7)

2015年6月7日 ANA23(NH23)便、羽田→伊丹 プレミアムクラスに搭乗しました。国内線プレミアムクラスの搭乗記はそう珍しくもないと思うのですが、実は機材がボーイング787-9。これが私にとって初体験でした。

こちらがその787-9。羽田空港第2ターミナルだと機体の写真が撮りにくい…。Cimg1786

搭乗口60番から搭乗。
今は、ダイヤモンドの方が搭乗したあとにプレミアムクラス、プラチナ、スタアラゴールドメンバー、スーパーフライヤーズメンバーが搭乗になるようです。
このあたりはJALと同じになりました。Cimg1788

搭乗して離陸。上空でお昼ご飯。
玉子そぼろご飯のお弁当。稚鮎の甘露煮、鶏のから揚げ、鮭塩焼き、、、日本食ってやっぱりおいしい(笑)
Cimg1789

と、食事を堪能したら即着陸…飛行時間45分だと慌ただしい。
ゆっくりくつろぐ暇もありませんでした。

あっという間のフライトだったので、サービスがどうのこうのと語ったり、それをJALと比較してみたりなどという間もなく…
ただ、久しぶりに搭乗したANAに新鮮味を感じました。それだけJAL便ばかりだったということでしょう。しかも777-200ばっかり(笑)

コメント