JALビジネスクラス搭乗記(JL771 成田→シドニー 2015.9.15)

2015年9月15日 成田→シドニー間をJAL771便(JL771便)のビジネスクラスに搭乗しました。

チェックインはいつもどおりファーストクラスチェックインカウンターで。実は今回は両親を連れての旅ということで、成田空港で落ち合うことになっていたのですが、私が早く到着したので、一足早くチェックインをすることに。

そのとき、カウンターの係員の方から、ご家族全員このカウンターでチェックイン可能ですとお話をいただき、のちほど両親の分もチェックイン。これで全員の荷物にファースト扱いのプライオリティタグをつけていただくことができました。ルールでは、会員本人のみなのですが…感謝です。

出国後、ファーストラウンジへ。
ファーストラウンジは同行者1名のみ入室可能なのですが、だめもとで両親2人可能か尋ねてみましたが、残念ながらNG。父のみビジネスラウンジに行っていただきました。

ラウンジでは久しぶりにJALカレーをいただきました。

いつ食べてもおいしいですねぇ。でも、食べすぎに注意です。
Img_0597

搭乗時刻になり、73番ゲートへ。優先搭乗を使って搭乗します。

出発、離陸もおおむね時間通り。

シートベルト着用サインが消灯して夕食のサービス開始。

まずはアミューズ。
先日のシドニー→成田線の記事にも書きましたが、ドライなっとうから変わる新たなサービスです。アスパラガスとインゲンのフォアグラ入り白和え、ジャガイモのピリ辛煮。

個人的にはジャガイモがおいしかった。ってフォアグラを食べなれていないだけかも?シドニー→成田線の経験で、味が濃かったので、飲み物はスタートからシラーズをいただきました。これはgoodな選択だったかと。
Cimg2100

オードブルはサーモンマリネ ヨーグルトソース。
やっぱりちょっと味が濃いなぁ…
Cimg2101

メインは国産牛のサーロインステーキ。
キノコのソースがおいしかったのですが、、、私はチキンをいただきたかったです。
牛か鯛の選択であえなく牛ということに。
キャセイだとメインを3種類から選べてチキンが食べられたのですが、2種類となれば、肉はやっぱり牛なのでしょう。
Cimg2102

食後のデザートはいつものとおりパス。
時間も遅かったので、チーズプレートもパスして、ウイスキーを数杯いただいて、まだ機内が明るいうちに寝てしまいました。

朝食は和食をチョイス。
鶏玉子雑炊はGoodでした。鶏肉が食べたかったのもありますが、味がさっぱりしていて寝起きの胃にはやさしいです。成田→シドニー線だとおおむね雑炊かおかゆ。実は毎回この朝食が楽しみだったりもします。
Cimg2104

フライトを通じて、客室乗務員の方のパフォーマンスは、ちょっとした心遣いをしていただけたり、気さくに会話に応じていただいたりと、通常のサービスも含めてとても満足のいくものでした。

そして、このフライトでも顔見知りの客室乗務員方が…
ひょっとしてお会いしたことあるな、と思っていて到着時飛行機のドアが開くまでの間に伺ってみたのですが、客室乗務員の方もひょっとして?と思っていらしたそうです。フライト中に声を変えていただければ、ちょっとうれしかったかな。

今回シドニー⇔成田を久しぶりにJALで往復しましたが、いくつかのサービスが改善されてされていて、ちょっとずつ進化しているJALの姿を垣間見ることができました。一度破たん処理を受けた航空会社で、世間ではいろいろと言われていますが、何よりも安全でお客様が満足できるように努力されている姿は印象的でした。

コメント