JALビジネスクラス搭乗記(JL771 成田→シドニー 2015.4.28)

2015428日 成田からシドニーまで、JAL771便(JL771)ビジネスクラスに搭乗しました。オーストラリアに住むようになってから毎度おなじみの感がありますが、前回搭乗から8カ月以上が経過、今回はJCGプレミアメンバーとして初めての搭乗、今までとちょっとだけ違う旅の様子を紹介します。

まずは成田空港で。初の「ファーストクラス」でのチェックイン。カウンターはLです。夕方は北米線が出発時間でもあり、ちょっと待たされるくらい混んでいました。
Cimg1645_4

チェックインが完了したら早々に出国します。出国は専用のファーストセキュリティレーンから。
Cimg1646_2

出国審査を終えたらそのまま正面にあるラウンジに向かいます。今日は初のファーストクラスラウンジ。
Cimg1647_2

ラウンジは大賑わい。「混んでいるので相席をお願いしています」の案内をいただいて中に。
まずはじめに、夜行便に備えてシャワーの予約をしましたが、こちらも1時間待ちとのこと。ラウンジでシャワーを浴びるのならこのあたりも考慮に入れて早めの出国がポイントでしょう。ただ、今回はGW直前とはいえ、平日だったのでビジネスマンが多かったことを考えると、土日だともう少し様子は違うかもしれません。

シャワーを待つ間、ちょっと早めの食事を。ファーストラウンジでは寿司を握っていただけます。
Img_0143

Img_0135

ついでにおなじみのJALカレーを少しだけ?Img_0136

さすがファーストラウンジです。品ぞろえがサクララウンジとは違います。Img_0140

Img_0141

食事も終わり、ほどなくしてシャワーの順番をしらせる連絡が。受け付けでキーを受け取ってシャワールームへ。
んー、なんだか狭いですね。サクララウンジより狭くない?シンガポールでカンタスの広いシャワールームを見たせいか、それともすっかりオーストラリアの広さに慣れてしまったせいか??でも、清潔感はバッチリでした。Cimg1648

搭乗時間も迫ってきたので搭乗口へ。さすが明日からGWという日、満席のようで非常に混んでいました。こちらが今日お世話になるお馴染みの777-200。Img_0148

優先搭乗で搭乗します。が、ダイヤモンド、プレミア、サファイヤ、ビジネスの人が同時搭乗、さらに何も知らずに隣に並んでいたエコノミーの列まで解放となり、ゲート後も列ができる始末…このあたりはちゃんと交通整理してほしいですね。

座席は最前列の1K。いつもは通路側を選ぶのですが、最前列の窓側は足元が広く、トイレに行くにも隣の方に迷惑をかけなくて済むので、私としてはここが空いているときは積極的に利用したい席です。
Cimg1650

座席に上にTUMIのアメニティケースが…そういえば、昨年10月からTUMIのアメニティケースがつくようになったんだったっけ。これまではビニールの袋に入ったセットでしたから、これはGoodです。
Cimg1652

こちらが中身。歯ブラシセット、モイスチャーマスク、耳栓、アイマスクのほか、メンソレータムのリップクリームが入っていました。乾燥した機内ではリップクリームの存在はありがたいかも。そういえば、アメニティでリップクリームを見たのは初めてかもしれません。Img_0279

程なくしてドアが閉まり、出発完了!となったのですが、なかなかプッシュバックしません。アナウンスがあり、シドニー到着の時間調整をしているとのこと。
シドニー空港も成田同様夜間23:00~朝6:00の離着陸が制限されているためのようです。
早朝6:20着の予定ですから仕方ないですね。
結局離陸したのは定刻より40分すぎてからでした。

水平飛行に入ってお食事のサービスが始まりました。日本発のお料理はやっぱり口に合うので和食、洋食いつも迷うのですが、今回は洋食をチョイス。

まずはオードブル。天使の海老のアヒージョ仕立てスモークをかけたブランダート、春野菜のマリネ。これにほうれん草と春菊・松の実のスープがつきます。ワインはフォックスクリークのシラーズをいただきました。海老の食感がとてもよかったです。。。オーストラリアではこの食感味わえないんだよなぁ
Cimg1654

ついでメイン。ハンバーグか牛ステーキか悩みましたが…ここはハンバーグをチョイス。
特製国産牛のハンバーグステーキ、バスク風野菜のラグーとプティポワのピューレ。
ああ柔らかくて優しい味。日本の味のハンバーグですね。うっとり…(笑)。ワインが進んでしまいました。
Cimg1657

食後はチーズプレートとワイン。チリのピノノワールも試してみたのですが、ちょっと自分好みではなく、、、

この日はビジネスクラスは満席だったのですが、以前あったサービスが遅くなるということもなく、日本時間で11時過ぎには食事終了。このあたりも改善されたのでしょうか。
そういえば、CAさんの笑顔、接し方も、先日の国内線で感じたのと同じようにいい感じでした。朝食時に寝ていたら起こすかどうかも尋ねておられました。朝食はいらないから寝ていたい、という方にはいいですよね。

朝食は和食。目覚ましとしてオレンジジュースをつけていただきました。
鯛と筍の玉子雑炊、だし巻き卵、煮豆、空豆、大和田舎煮、みそ漬けたくあんなどなど。
果物もついていましたが…これはいらなかったかな。
雑炊が癖になりそうな味でおいしかったのが印象的でした。Cimg1660_2

シドニーにはほぼ定刻で到着。順調なフライトでした。

何回も使ったシドニー線ですが、成田からの夜行便では私はほとんど機内エンターテイメントを使用しません。本を読んでいるか、自前の音楽を聴いているか。寝る前のくつろぎ、を重視するようにしています。まあ普段からあまりテレビや映画を見ないのであまり興味もないのですが…

今回のシドニー線、これまでの中で一番いいフライトでした。CAさんの印象、サービスなどを通じて、自分がくつろげた、と思えるフライトでした。
先日の国内線でもそうでしたが、努力している姿勢が感じられ、好印象です。Skytraxで5つ星を取る日も近いかもしれません。

コメント